[untitled]

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
New!

  • 次回の参加ライブ

    2/12(sun)高円寺 大陸バー彦六 mamaclioワンマン


  • 凸凹らくがきちょう(P-BBS)

  • 凸凹日記帳(過去の凸凹絵日記)
  • 凸凹レコード(CD TAPE)
  • 今後の予定(Live)

  • 20070120_290339.png
    mama clio HP

    Guitar&Ukuleleで参加してます。





u e m u r a М а с а ю к и b r o g






スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
ピアニカをチューニングしよう!最終回

ピアニカチューニング編、最終回です。如何でしたでしょうか?一枚の画像で上手く伝えるのは難しいですね。最後に言うのもなんですが、ぼくも誰から習った訳ではなく、自分で色々試して(失敗して)覚えてきた事なので、もし不安でしたら、プロにチューニングして貰ったほうがいいと思います。不明な点はTEA officeにメールで聞いて頂ければ、できる限りお答えします。ハーモニカの場合、駄目になってしまったリードプレートごと交換する事ができます。(Tomboのメジャーボーイなど)大体半額で購入できます。未確認ですが、もしかしたらピアニカも、メーカーさんに頼めば、リードプレートだけ譲って貰えるかもしれません。スズキのメロディオンについて問い合わせた時に、担当の方がそう言っていたような記憶があります。それでは、最後まで御拝読ありがとうございました。あなたに素敵なピアニカライフを!
| ピアニカをチューニングしよう! | comments(10) |
ピアニカをチューニングしよう!その参

はい、明日になりました。それでは、実際にリードを削ってみましょう。音が低い時は、リードの先を軽くする為、先端部分を削ります。逆に、音が高い時は、リードの先を重くする為に、根元を削ります。この時注意したいのは、各々リードの大きさによって、削り方が変わってくると言う事です。高い音の方の小さなリードは、少し削っただけで、音程が大きく変わります。少しづつ削って、カバーを付けいつもの様に吹いてみて、おかしければ、また削ります。慎重に作業を進めて下さい。削りすぎてしまっても、逆を削れば良いのですが、削った所からサビが出やすいので、できるだけキズは少ない方が良いです。もうひとつ注意点は、リードにゴミが付着していると、雑音や音程の狂いが出るので、削った後のゴミなどは、よく拭き取っておいてください。本来は、「アゲミ調整」というリードの開き具合も、自分の吹き方に合わせて調整すると、音程の狂いや吹きやすさも変わってくるのですが、長くなりそうなので、次回の特集に取っておきましょう。
| ピアニカをチューニングしよう! | comments(1) |
ピアニカをチューニングしよう!その弐

それでは、カバーを外して、リードプレートを剥き出しにしてみましょう。プラスドライバーを使って、ネジをひとつひとつ外して行きます。無くさないように、同じ入れ物に入れておくと良いかもしれませんね。はい、バラバラになりましたね。物によっては、本体カバーの中にリードプレートカバーがもう一つ付いてる物もあります。カバーを外す前に、チューナーなどで音程のおかしい箇所をチェックしておきましょう。ここで注意して頂きたいのは、ピアニカは若干高めの音程に調律されている(10centぐらい)と言う事です。何故か?リード楽器は強く吹いた時に音程が下がる傾向があります。そのため少し高めに設定されているんですね。音感に自信の無い人は、あくまで、全体を吹いてみて、どうしても気持悪いところだけを直す様にしましょう。調律は、かなり経験のいる作業なので、下手に挑戦すると、全体がガタガタになってしまう可能性があります。今回使っているのは、スズキのメロディオンです。ピアニカというのは、ヤマハの商品名で、他社の物は違う名前で呼ばれています。本来は鍵盤ハーモニカが正しい名称です。おっと、余計な事を言っていたら時間が来ました。つづきはまた明日。
| ピアニカをチューニングしよう! | comments(0) |
ピアニカをチューニングしよう!其の壱

全国のピアニカ奏者に送る企画、ピアニカチューニング入門です。おそらく、日本で2、3人しか興味がないかもしれません。でも、それがインターネットの役目です。しばらく我慢して付き合って下さい。ピアニカはハーモニカ、アコーディオン等と同じ仲間のリード楽器です。金属のリード(弁)が揺れる事によって、音が出ます。金属のリードは丈夫ですが、吹きつづけると、湿気による錆びによって、次第に音程が狂ってきます。僕もライブなどでピアニカを吹く機会が多く、チューニングには常に悩まされていました。そこで、自分でチューニングをしてみようと思い立った訳です。基本的には、ハーモニカも、チューニングの手順は同じだと思うので、リード楽器には、応用が効くと思います。まずは必要な物を参照してください。耐水ペーパーは、リードを削るのに使います。カッター等で削るやり方もあるみたいですが、ぼくの経験から言うと、ヤスリの方が、微調整も効くし、雑音が入る事も少なく、良いと思います。普通の紙ヤスリでも出来ますが、耐水ペーパーの方が長もちします。ホームセンターで80円ぐらいで買えます。あと、テレカは、リードの下に敷いて削りやすくする為に使います。勿論、使用済みで結構です。つづきはまた明日。
| ピアニカをチューニングしよう! | comments(7) |












↑トップ