[untitled]

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
New!

  • 次回の参加ライブ

    2/12(sun)高円寺 大陸バー彦六 mamaclioワンマン


  • 凸凹らくがきちょう(P-BBS)

  • 凸凹日記帳(過去の凸凹絵日記)
  • 凸凹レコード(CD TAPE)
  • 今後の予定(Live)

  • 20070120_290339.png
    mama clio HP

    Guitar&Ukuleleで参加してます。





u e m u r a М а с а ю к и b r o g






スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
12月17日(金)

え「ライオンと小鳥」

ジョンの歌、声を聴くと色々と考える。ジョンレノンという人は、どっぷりハマるように好きになったり、時には嫌なやつだなーときらいになったり、ぼくの中では特に振り幅が大きいミュージシャンだ。前奥さんのシンシアさんが言っていた若い頃のジョンの印象「格好つけてメガネを外して、強引で粗暴で、私のタイプではありませんでしたが、人を惹きつけずにはいられない魅力がありました。」という言葉が、うんうん、わかるなぁ。

寒いので、古着のセーターとトレーナー買った。家に帰ると妻が具合悪そうで先に寝てしまった。ギャー子を風呂に入れ、お絵かきして遊ぶ。おままごとはメンドクサイけど、絵を描くのはそれなりに楽しめるのでいい。言葉シールが味わい深いので貰った。これは何の絵?と聞くので、ライオンだよ。と言っても、全然似てない。と不評。お父さんは3歳まで言葉が喋れなかったから絵ばかり描いていたんだよ。

イブAの薬瓶(小)が、スライド・ギターで良い音がするので気に入った。ギターをポロポロやりながら、DADGAD(ダッドガッド)チューニングの意味を探ったりして遊ぶ。ちっともワカラナイ。もう、すっかり冬だ。



| 日記 2010年〜12月 | comments(0) |
12月15日(水)

どうにもならないCDの山を片付ける為、ラックを作成。元大工の大家の爺さんから、ぼろぼろの板を3枚ぐらい貰って、午前中で作った。板が古いので、いきなりヴィンテージだぁ。400枚ぐらい入った。ついでに、ハズレのCDをより分けて売りに出した。43枚で9,500円。本に比べれば、買取値は良いほうかな。お金が入ったので、BonzoDogBandのファースト買った。そしてCDの山を分類。ジャンル分けが必要かなーと思っていたが、ストーンズやビートルズなど、バンドごとに分けたら、随分見やすくなった。輸入盤のトラッドCDが背表紙で分かりにくくて困る。よし、次はLPだ!

昨年はクリスマス直前にオモチャ売り場へ行ったら、混雑でひどい目にあったので、今回は早めに買っておこう。ギャー子は相変わらずハートキャッチなので、オモチャ売り場のプリキュアコーナーも一応行ってみるか。

東海林太郎の歌に感動したので、mamaclioでやろうよーと、リーダーに相談したが却下。残念だなぁ。いいや、一人で部屋で歌おう。鳴〜らせ〜よ、バラライカ〜♪


| 日記 2010年〜12月 | comments(3) |
12月12日(日)

どぜう君のために、新居を購入。500円のプラ水槽からお洒落にグレードアップ!どぜうを上げたアンティーク屋さんでセール日に購入。日中は、水草が枯れないように日光に当てている。寒いから仕舞い忘れに注意しないと凍るかも。


ギャー子を連れて楽器屋へ入ったら、フニャフニャと騒ぎだした。店員さんが見かねてオモチャを持ってきてくれた。ひやかしのつもりだったんだけど、悪いので五線譜ノート購入。ドイツ製でカッコイイ。14段。


ちょっと落ち着いてきたけど、最近のハートキャッチアイドル、エリス・レジーナも買った。ブラジル盤70年。名作「in London」の後だけに、ノッてるかんじ。ソウル風な曲多し。ジャケットにダメージがあるんだと思ったら、もともとダメージのある古いレコード・ジャケットをスキャンした為だとわかり、ブラジル人のいい加減さに呆れる。でも笑顔が輝く写真、部屋に飾りたくなるぐらい好きだ。

今日分かったこと。キティちゃんと俺、同い年。








| 日記 2010年〜12月 | comments(0) |
12月9日(木)

スライドバーを自作してみた。元はキンカンの瓶。首の所に発火性のある液体を含ませた紐を巻き、火をつける→燃え尽きるまで待つ→水に浸けて一気に冷やす→頭を叩く→というやり方で首をカットしました。もちろん、そのままだと手が切れるので、耐水ペーパーでゴシゴシやすりがけ。案外簡単だった。音はバッチリだったけど、微妙に大きいので、色んな瓶で試してみよー。妻は「一輪挿しにいいね。作って。」と言っている。ちょっとレトロな瓶だとステキになりそうだ。


あと、今日見つけたミニ・トライアングル。ザ・ダイ〇ー!当然100円。おもちゃケースに入るサイズなのが嬉しい。音は、まぁそれなり。工夫すれば使えるかな。mamaclio行き。ところで、うちには「お父さんのオモチャ箱」という言葉がある。「これはお父さんのオモチャだ!」と、常にギャー子と喧嘩になっていたが、最近は音の出るもの=お父さんのオモチャ。という事を理解してくれているので、あまり騒がなくなった。


厳選されたお父さんのオモチャ(音具)たち。これは実用的な物を集めたライブ仕様で、まだ、ほんの一部。美意識として、アンパンマンはちょっと嫌なんだけど、なかなか優秀な音を出すので、仲間に入ってます。







| 日記 2010年〜12月 | comments(2) |
12月8日(水)

近所のアンティーク屋にて。陶器のプリンカップ購入。小さいのであまり使い道ないんだけど、かわいいものに弱いので、買ってしまった。うちの近所にはアンティーク、骨董店が多い。よく行くお店は限られているけど。ざっと思い出してみたら、10軒もあった!そのうち、昔ながらの骨董店は1,2軒。あとはお洒落なアンティークショップというかんじ。それにしても多すぎだよ。


今日は、なんだか元気が出ず、一日ごろごろ寝てた。やったのは、どぜうの水換えだけ。スライドギターの本を読んで勉強。スライド奏法(金属、またはガラスのバーを弦の上で滑らせ弾く)は、前からマスターしたいと思っていたのだけど、ブルースがやりたいわけでもなく、ハワイアンをやりたいわけでもないので、自分で曲を作って弾くのが練習には一番かな、と思っている。チューニングやバーの材質などについて色々試した。頑張ってスライド向けの曲作るか。

3枚500円コーナーが相変わらず充実してる。Paul Robesonさんという黒人バス歌手の、米国トラッド歌集。SP音源なのか、スクラッチノイズすごい。歌声は良いです。
ガリシア・トラッドのパンチョ・アルバレスさんの様々な(ブズーキやフィドルなど)楽器を使ったソロ・アルバム。こちらもトラッド曲多し。2001年アルバム。
それから、モーツァルトのレクイエム。カール・ベーム指揮。71年。CDの音は綺麗だけど、なんかしっくりこない。管弦楽はやっぱりレコードのほうが雰囲気があっていいなー。













| 日記 2010年〜12月 | comments(2) |
12月4日(土)

mamaclioライブの日。思ったより早く着いたのでブラブラ散歩。知らない町を歩くのって楽しい。楽器を一杯持ってるので古本屋を外から眺めたりして、ちょっと旅行気分。ここはウルトラマンの町のようで、駅前に大きなウルトラマン像もあるし、商店街の旗もウルトラキャラ。風に揺れるバルタン星人。


商店街の最後のアーチには、飛ぶウルトラマンが!すげー。でも変だよ。


途中でステキなオブジェを発見!駐車場の端っこに無造作に置かれたカッコイイやつ。君、いいね。


ブラブラしても、まだ早いので、お店で譜面整理させてもらったり、BLT(ベーコンレタストマトサンド)食べた。思ったほど寒くもなく、ちょうどいい気候。富士山もよく見えました。


ライブ。各自のソロコーナーで、チリの曲に日本語詩を付けたものを1曲歌いました。マツさんのピアニカ・ソロ情熱的で良かったなー。ミチル君も長めのガイダ(バグパイプ)ソロ。巧妙な展開で楽しかった。リーダーも沖縄のわらべ歌(?)を歌いました。歌モノレパートリーが増えて嬉しい。こうやって見ると4人の佇まいも、なかなか馴染んできたなー。みんな尊敬するミュージシャンなので、私はうれしいのです。途中で1曲、大竹サラさんが飛び入りでアヴェマリア歌ってくれたお陰で一気に季節感が出ました。ありがとー。

ご来場のみなさん、ありがとうございました。また春ごろやる予定でーす。ピース。




| 日記 2010年〜12月 | comments(0) |
12月2日(木)

★12月4日(土)
 mamaclio Live
 【出演】mamaclio 
 【時間】19:00Start
 【会場】祖師ヶ谷大蔵 Cafe MURIWUI(ムリウイ)
    世田谷区祖師谷4−1―22−3F
 【料金】投げ銭制
 【お問い合わせ】
 ・Cafe MURIWUI  Tel:03-5429-2033
 ・mamaclio e-mail:mamaclio@gmail.com 

mamaclioライブのお知らせ。ぼくがギターウクレレなどで参加しているバンドです。基本アコースティック&インストバンドで、古今東西の隠れた名曲、珍曲の演奏をしてます。今回はちょっとだけ僕が詩を書いた曲を歌います。ゆるやかな音楽です。屋上の開放的なカフェ、ムリウイで聴くにはぴったりの、のんびりミュージック。是非お越し下さい。今回でしばらくライブはお休みです。聞き逃せませんよ〜。
http://mamaclio.exblog.jp/


どぜう君をアンテーク屋のお姉さんに上げたら、お返しにペルーの置物を頂いた。馬?牛?よくわからないけど、かわいい。Nさんありがとー。どぜう可愛がってね。ペルーのキャラクターは音楽と同じで素朴。ステキです。


夜はいつもの公民館でれんしう。帰り支度のメンバーたち。遊びに来たSさんに明石焼きの差し入れ頂きました。ありがとー。個人的に、この公民館は10年以上利用している。その昔、赤瀬川さんとかも芸術の変なパフォーマンスをやったりした歴史ある公民館。オノヨーコも見に来たと本に書いてあったな。若干内装を綺麗にしたり、ステキにぶっ壊れた音の出るエレクトーンや、アンプが無くなったり、変化はあったけど、思い出が詰まった愛すべきわが町の公民館。市民は無料。mamaclioは生音バンドなので、スタジオを借りなくても、どこでも練習できるのが素晴らしいのです。外でもやったことあるし。みなさん、明後日のライブ来てね!

そういえば、3歳ぐらいの時通っていた幼稚園を検索したら、すぐHPが見つかった。まだ存在したのかー。外観は変わってるけど、雰囲気は当時のままだな〜。聖書の文句が書かれた、綺麗な絵のカードを貰って嬉しかったのが最古の記憶。今度母校(?)を訪ねて散歩に出かけてみようかな。
べテル幼稚園











| 日記 2010年〜12月 | comments(0) |
11月28日(日)
 
ギャー子に「何か折ってくれ。」と紙を渡されたけど、折り紙の折り方を忘れてしまったので、手抜きで三角に折ったものを片方に突っ込んで、ハイ!出来上がり〜。と渡してみたら、案外気に入って沢山作ってる。「たくさん並べるとけっこう綺麗だろ。意味の無いもののほうが美しい。」とか、またテキトーな事を言ってみたり。

CDラックを自作しようと思って、色々計画を練っていた(頭の中で)。天井に届くぐらいのラックじゃないと入らないだろうから、15段ぐらいにしよう。下にLPを収納出来るようにできたらいいな。性格が大雑把で大工仕事が下手なので、大抵思い描いた物とはかけ離れた物が出来上がる。

今日は、地下のライブに行こうと思っていたけど、帰りが遅くなったのでやめた。青木さんの弾き語り聞きたかったなー。残念。代わりに深夜の「ワールドミュージックタイム」でも聴こ。









| 日記 2010年〜12月 | comments(0) |
11月27日(土)
IMGP1047.JPG
ドジョウお嫁入り準備完了の図。100円ショップの虫かご。達者で暮らせよ〜。今日は良い天気だったので、外に出してやって、日光浴させた。

IMGP1049.JPG
昼は近所のラーメン屋。500円。隠れた人気店也。


太宰の「津軽」。古本屋「20万冊」には、味噌糞に本を集めてテキトーな値段で売ってる。文学の有名どころは大抵揃ってる。こういうときは便利だ。やっぱり新潮版のこの表紙で読みたいなー。


探すと結構良い本があるんだよねー。太陽とか銀花とかBTもバックナンバーがズラリ。他の古本屋に比べると割と安い。美術書とか好きな人にはいいかも。自分が生まれた年のナンバーに惹かれたけど、雑誌は邪魔になるので我慢。


途中のガラクタ屋で見つけた古い絵葉書。昔の観光お土産写真は、着色っぽいレトロな雰囲気が好き。そのうちコラージュして遊んだりしたい。場所はどこでもよくて、冷たいシュールな質感を、ただ眺めているだけでも綺麗で良いんです(賛同者少ない)。こういうの、コラージュして印刷物するとき、どこに許可取ったらいいんだろ?アンティーク屋のお姉さんに、ちょっとお裾分けしてあげた。

妹が甥っ子のユーチューブ動画を送ってくれたので、わはは、おもしれーと笑いつつ、そこからズルズルと高田渡とか見てしまった。ユーチューブは危険なので禁止してる。以前、たまたま通りかかった時にやっていた高田渡のインストア・ライブで聴いた、東一番町ブラザー軒。とても切ない歌。かなしい思い出とダブって涙してしまった。ブラザー軒、仙台の同じ場所に今でもあるみたい。

今日は、譜面書きやる予定だったのに、また遊びに出かけてしまつた。リーダー、めんご。これからやります。







| 日記 2010年〜12月 | comments(2) |
11月27日(土)
 みんな拳を握り締めている。道でよく会う両手の無いおじさん。彼のほうが握手するのが容易に思える。握手をすると、相手の人柄が分かるような気がするんだよ。

太宰の「津軽」初版本を模した青森土産のお菓子を頂いたので、本物を読んでみようかなーとブックオーフへ行ったけど、ダサい表紙のやつしか売ってなかったのでパス。20代はじめに、坂口安吾とか織田作之助とかは殆どの作品読んだけど、太宰治は一冊も読んでなかった。心中をして一人だけ生き残った。というエピソードが、どうしても許せなくて偏見を持っていたのだと思う。文学好きのおっさんたちの意見では、段違いに太宰が上、とのこと。今度20万冊の古本屋へ行ってみよう。

100円で、天井桟敷の舞台をLP2枚組みにしたやつを見つけた。たぶん、未CD化(売れないでしょ)。同じ青森県民でも、寺山作品にはお世話になったので、義務的に購入。音楽はJ・A・シーザー。あとはカルメンマキ&OZのファーストを買った。両方ともジャケットデザインが素晴らしい。

エリス・レジーナとブラジルの小粋なハーモニカおじさんのコラボLPを見つけたけど、迷ってやめた。700円。次のセールまで残ってたら買おう。裏にハーモニカおじさんのサイン入り。エリスのサインだったら買ったかも。


| 日記 2010年〜12月 | comments(0) |












↑トップ