[untitled]

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
New!

  • 次回の参加ライブ

    2/12(sun)高円寺 大陸バー彦六 mamaclioワンマン


  • 凸凹らくがきちょう(P-BBS)

  • 凸凹日記帳(過去の凸凹絵日記)
  • 凸凹レコード(CD TAPE)
  • 今後の予定(Live)

  • 20070120_290339.png
    mama clio HP

    Guitar&Ukuleleで参加してます。





u e m u r a М а с а ю к и b r o g






スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
1月18日(火)

ギャー助が書いた絵。アイスを食べながらヘッドフォンで音楽を聴くおばけ。とのこと。いいじゃん。だんだん具象的な絵が描けるようになってきた。うれしい。


ハワイアンギターの次は、チープなCASIOのロービットサンプリングキーボードをジャンク屋で発見。前から探していたもの。1,000円だった。安ーい。リズムボックス、簡易シンセ、サンプリング機能(1秒ぐらい?)、プリセット音源も付いた、小さくてチープながらも充実の機能。使い勝手もよし。オモチャみたいなショボイ音のリズムボックスは昔のカシオトーンみたい。捨てがたい味がある。気に入った。友達は殆どこれだけでアルバムを一枚作ったという。うんうん、そのぐらいの充実感あるよ。30年近く前の楽器にしては、非常に優れてます。録音したくなってきた。






| ヘンテコ楽器:その2 | comments(0) |
1月12日(水)

なんかイイね。字とか、足のヨレ具合が。


はじめて買ったスチールギター。60年当時の言い方だと、ハワイアンギターです。調弦が色々あるみたいですが、初心者なので、とりあえずバッキー白片スタイルの(太い弦から)CEGACE(C6チューニング)で張ってみました。これだと、普通の弦セットでは合わないので、それぞれバラで購入。高くつきました。参考のため、ゲージを書いておきます。細い弦から、015/018/022/024/030/036です。このチューニングで、6の音を入れた和音を弾くと実にハワイアンっぽい。なるほど、よく出来てるなーと感心しました。変なつまみが二個ついてますが、上はボリューム、下はトーンです。古い物なので、あまり期待してなかったけど、問題なく音は出ました。よかった〜。


Teiscoというエレキ黎明期のギターメーカー。昔から好きなんだけど、マニアが多く高価なので、なかなか手に入りません。思わぬお手ごろな価格で手に入り、嬉しくてアンプも買ってきてしまいました。ギターアンプを買うのは20年ぶりぐらいです。テクノロジーの進歩で、色々な機能が凝縮されているのに、1万円以内で買えたのでびっくり。昔は、入門用のアンプでも、3万円ぐらいしたものなのになー。嬉しい反面、複雑。

妻のカメラがあまりにお粗末なので、新しいのを(中古だけど)購入。一昔前のニコンのコンパクトカメラ。単三電池が良いんだけど、なかなか新品だと見つからない。しばらく探して、やっとそこそこ使えそうな物を見つけた。今日は高い買い物をしたな。しばらくCDは我慢しよ。


| ヘンテコ楽器:その2 | comments(0) |
バス・メロディオン

年末になると、色々おもしろい物が出てきて、つい拾ったり買ったりしてしまうんですよねー。これは、バス・メロディオン。ピアニカの低音部担当楽器です。ジャンクやさんで2,000円でした。ちょっと音程悪いけど、チューニングとアゲミの調整すれば使えそうだったので購入。需要が少ない楽器なので、あまり中古では出てきません。プレートを換えたいんだけど、生産完了品なので、売ってないかも。メーカーに聞いてみよ。


皮のケース渋いです。似たような音のバス・ハーモニカを、ブライアン・ウィルソンがよく使ってました。コーラスの補足とかで。ソロで弾いてもおもしろいな。今度のmamaclioライブに持っていこう。言葉で表現すると、ブカブカした音です。ちょっと民族楽器的。



| ヘンテコ楽器:その2 | comments(2) |
ニワトリ君

古楽器奏者の近藤さんに教えてもらって、mamaclioでちょっとブームになったニワトリ君をジャンク屋さんで発見!ドンキとか、輸入雑貨屋さんで売っている物。欲しかったけど、案外高いのと、体の割りに音のバリエーションが少ないので躊躇っていたのでした。小さい末の弟(写真・真ん中)しか持ってなかったのでうれしい。末の弟は幼児サンダルサウンド(キュッ!キュ!と鳴る)でカワイイけど、ふたつ上の兄は、ぐえ〜!と、かなり強烈な雄叫びを上げます。ちなみに、このふたりの間と、さらに上にも兄弟がいます。未確認ですが、長男は、相当デカい(体も音も)らしいです。1メートルぐらいあるって言ってたな〜。怖すぎ。

で、何でも中の仕組みが知りたくなる私は、かわいそうにニワトリ君を首のあたりで、ちょん切ってしまいました。ごめんよ〜。

おお!ゆるやかに広がった蛇腹ホースで、音を増幅させていたんですね。ふむふむ。


これだけでも、同じサウンドが出せるので、抜け殻はギャー子にあげて、中身だけ使おう。ちょっと改造すれば音階も出せるかも。これは使えるToy楽器になりそうじゃわい。


弟を乗せて一緒に鳴らせば、さらに楽しいかも。










| ヘンテコ楽器:その2 | comments(4) |
おもちゃ楽器
久しぶりに、グッと来るオモチャ楽器に遭遇。
これは、ノーズフルート(鼻笛)以来の、実用的オモチャ楽器です。

全体像↓



こうやって見ると、なんだかよく分かりませんが、



中に、リードを挟んだパーツが入っており、筒の中を上下することに
よって、音が出るわけです。

 

片側にだけ、こんな風に空気の逃げ道があり、もう片方は塞がれています。
筒を縦にすると、緩やかに降りながら発音します。
そうして、下まで来たら、また逆さにして音を出す訳です。

実はコレ、百円ショップで簡単に手に入る、ピコピコハンマーの中に
仕込まれている物と、原理はまったく一緒なのです。今までは、
ピコピコハンマーを分解して、それを取り出し、
演奏(というか、即興?)に使っていました。

それと比較して、これの良いところは、筒が長くなることによって
音にウネリが生まれ、不思議なサウンド効果が付加された事です。
なかなか素晴らしいです。



30本ぐらい在庫があったので、散々吟味して買ってきました。
あまり夢中になっていたので、メーカー名や商品名を控え忘れた。

お奨めの使い方は、もう片方に穴を空けて、空気が逃げるようにすると、
口で吹いて使えるようになります。

出口を塞いでミュートしたり、手のふくらみ具合を調整したりすると、
微妙ですが、音階も変わります。
(穴あけは、自己責任で適宜行ってください)

値段は、山野楽器で420円でした。

どんな音? こんな音:mp3:290k


娘も喜んでます。↑









| ヘンテコ楽器:その2 | comments(2) |
おきあがりこぼし
先日、一緒に演奏したドラムのクスノキさんが、綺麗な音の出る球体を持っていたので、とても不思議に思い「それは何ですか?」と尋ねたところ、おきあがりこぼしの中に入っていた物だと教えてくれました。あ〜、そういえば、どこかで聞いた事があると思ったら、あの赤ちゃんの玩具の音だったのか.... と納得。揺らすとキ〜ンコ〜ンコトコト♪と涼しげで可愛い音がします。良い音ですね。欲しいなあ。と、しばらく羨ましく思っていたところ、ある日古道具屋さんで売っているのを見つけました。

けっこうデカくて怖い....。隣の家の女の子に、ほ〜ら可愛いでしょ?と見せたら、怖がって泣いてしまいました。(ごめん)500円と安かったのですが、安いなりの事はあって背中と後頭部が凹んでいるし、まあ、僕の場合見た目はどうでも良いのですが、肝心の音もイマイチ響かなくて変な感じです。中の構造も知りたかったので、思いきって修理してみる事にしました。プラスチック(セルロイド?)を接着してあるので、他に方法が思い浮かばず、やむを得ずお腹をカッターで切って、中身を取り出してみると(怖い...)こんな物が入っていました。


ゲッ!なんだこの筒は?
フタを開けると.....



おお〜、筒の中に長さの違う金属の棒が並んでいて


この振り子が揺れると各々の金属の棒に当たって音が出る仕組みだったんですね。なるほど〜。故障の原因は、振り子のヒモが切れていて、下に落っこちていたので、正しく響かなかったようです。あたらしくヒモでぶら下げて、うまく各々の棒にあたるように修理しました。ちなみに、この筒だけでは良い音がしなくて、球体の中に入れると、中で反響して綺麗に響きます。うまい具合に出来てますね。今度演奏でも使ってみたいです。
| ヘンテコ楽器:その2 | comments(4) |












↑トップ